今回はVEXのメモ。

他の人のシーンファイルを見ると、なんだかんだでwrangleを使っていることが多く、

wrangleを使ってこそのhoudiniなんだなーとよく思い知らされる日々です。

ちょうど今日も他の人のシーンファイルを見て勉強していたら見つけた部分です。

 

addpointはそのままポイントを追加する関数。

引数の書き方によって戻り値が異なるようで、

houdiniだとこの記述の違いをプロトタイプというらしい…

helpを見ると

一つ目がint  addpoint(int geohandle, int point_number)

二つ目がint  addpoint(int geohandle, vector pos)

int geohandleはpointを追加するオブジェクトを指定、だいたいコネクトしている物になるのかな?

一つ目のint point_numberはそのままpoint番号を指定。

二つ目のvector posは@Pなどのおそらく複数指定する。

実行されるとどちらも指定したpointと同じ位置にpointが追加されます。

ビューだとパッと見変化がないけれど、

point番号を表示したりスプレットシートを見ると追加されているのが確認できるかと。

 

 

 

Follow me!

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP