前回に続いてUDIM関係です。
今回はhoudiniのarnoldでUDIMのキャラなどをレンダリングするときのtextureパスの書き方メモです。

確かarnoldのヘルプにあったはずだけど、
検索して探すよりも、メモしておいたのをコピーした方が効率がいいので、
記録してあります。

指定の仕方は以下な感じ

Arnold Shader Networkのimage nodeで連番部分を<udim>にする

sample

$HIP/tex/testImage.<udim>.exr

mantraはあまり使ってないので使う機会があったら記録するかもです。

Follow me!

カテゴリー: arnoldhoudini

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP