毎回使う時に調べて忘れてしまうので、
メモして残すことにしたやつです。

「%」記号と変数の型を表す変換指定子を使って、引数の値を代入していく。
C言語などのprintf,sprintfとは少し記述が違う
printfはコンソール表示させる

string sprintf(代入したい文字列, 代入したい値, ...)

sample

@class = 3;
string oldname = "test";
@name = sprintf("%s_sub_%s", oldname, f@class);

結果 → test_sub_3

Follow me!

カテゴリー: houdini

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP